UC中村麗乃の選抜入りの可能性についてデータを読む

31枚目シングルのアンダーセンターを務める中村麗乃。乃木坂46ではアンダーセンターになったメンバーは近いうちに選抜入りすると言われてきた。果たしてどうなのかデータを読む。

選抜未経験のメンバーがUCになったのは中村が8人目。過去の例を見てみよう。

畠中 清羅 1stでUC, 2ndで初選抜 【結果:1シングル後に選抜入り】

伊藤 万理華 2ndでUC, 3rdで初選抜 【結果:1シングル後に選抜入り】 

伊藤 寧々 3rdでUC, 5thで初選抜 【結果:2シングル後に選抜入り】

寺田 蘭世 16thでUC, 17thで初選抜 【結果:1シングル後に選抜入り】

渡辺 みり愛 17thでUC, 23rdで初選抜 【結果:6シングル後に選抜入り】

鈴木 絢音 20thでUC, 21stで初選抜 【結果:1シングル後に選抜入り】

山崎 怜奈 27thでUC, 29thをもって卒業 【結果:選抜入りせず

7名のうち6名が選抜入りしています。そのうち4名は次のシングルで選抜入りし、1名は2シングル後に初選抜、つまりほとんどの場合UCは近いうちに選抜に入る前兆なのである。

では中村の未来はどうなのか。DB管理人はそこらへん詳しくないのだが、選抜選考基準のひとつとされるミーグリ売上が弱いので選抜はまだ可能性が低いという印象です。むしろ歌やダンスのパフォーマンス力は高く評価されているので、アンダーを支えるメンバーとして頼られているかもしれません。

乃木坂46データベース (Nogizaka46 database): n46db.com

Added C/W songs for 31st single

Product details for “Kokoniwa naimono”, the 31st single from Nogizaka46 due out on Dec. 7, 2022, were announced, and the C/W songs and participating members were revealed.

The C/W songs are as follows: under song “Warui seibun”, Saito Asuka’s solo song “Korekara”, unit songs “Sentou rhapsody”, “Atonomatsuri” and “Amai evidence”, and the 5th generation song “Jyunana funkan”.

31枚目シングルのカップリング曲を追加

2022年12月7日発売の乃木坂46 31stシングル「ここにはないもの」の商品概要が発表され、カップリング曲の題名と参加メンバーが判明しました。

全形態の共通C/W曲はアンダー曲「悪い成分」、Type-Aは齋藤飛鳥ソロ曲「これから」、Type-Bはユニット曲「銭湯ラプソディー」、Type-Cはユニット曲「アトノマツリ」、Type-Dはユニット曲「甘いエビデンス」、そして通常盤は5期生曲「17分間

Added 31st single to database

The title of the 31st single “Kokoniwa naimono” and the senbatsu members became known when the debut performance was broadcast on YouTube.

Graduating member Saito Asuka is the center, and Hayashi Runa became senbatsu for the first time.

齋藤飛鳥が卒業を発表

1期生の齋藤飛鳥が卒業するとブログで発表しました。

運営によると、2022年末までグループ活動を行い、2023年に卒業コンサートの開催を予定しています。

Higuchi Hina graduates

1st generation member Higuchi Hina’s graduation ceremony was held at the Tokyo International Forum on Oct. 31, 2022.

Hinachima, as she was called, was one of the youngest members but was known for her sexiness. She was senbatsu 8 times for a senbatsu average of .258 and was one of the members who moved between senbatsu and under several times. She was under center twice.

樋口日奈が卒業

2022年10月31日に1期生の樋口日奈の卒業セレモニーが東京国際フォーラムで開催されました。

年少ながら色気を持った「ひなちま」は選抜8回、選抜率は.258であり、選抜とアンダーを行き来したメンバーの一人。アンダーセンターを2回務めた。